せこくやさしく

人生は金じゃないと自分に言い聞かせるため、幸せに生きるためのブログ

蒙古タンメン中本 最高に楽しむためのたった3つの方法


こんにちは。今日もケツの穴をひーひー言わせながら、
蒙古タンメン中本に激ハマりしているモツコリです。

さてさて、話題が話題をよぶ激辛ラーメン
蒙古タンメン中本ですが、
今日は蒙古に週8で通う僕が、
蒙古の初心者のあなたたちへ、楽しむため3つの方法を教えます!

蒙古中毒者になるためには、
必ず抑えてほしい3点です。



初めて蒙古を食べる、
辛いの苦手だけどどうしよう、、、
実は昔からすこし興味はあるけど、、、、、

そんなこと言ってるあなたたち必見です!


①北極か冷やし味噌を食え!


辛いの苦手だから食べれない

なんて言い訳をしてるあなた

実際気になってるから僕の記事にたどり着いちゃってるわけでしょ?
じゅあもう食べちまった方がいいんですよ。


そこで大事なのが、
どうせ辛いなら、圧倒的にうまいものを食べよう!!ってスタンスです。


蒙古タンメン中本は、実は全部のメニューが辛いわけではないんです。
辛さが10段階に分かれてます


一味の含有量によって、辛さレベルとういものを分けていて、
一味をイチミリも入れてないものもあるんです。

塩タンメンとかがそれに当たります。

f:id:motukori:20170604171946j:plain

 

結論、
そんなもの食べちゃだめ。

蒙古タンメンは、辛さでレベルわけをしてるのですが、
レベルが違うと、味も違います


たとえば、蒙古タンメンと北極、
違うのは辛さだけではありません!

f:id:motukori:20170604172106j:plain

(左がレベル5の蒙古タンメン  右がレベル9の北極ラーメン)




味の濃さ、うまみの奥深さも全然違うんです。

まぁとにかく、
蒙古タンメン中本で、レベル5の「蒙古タンメン」をたべて、
知った気になるのではなく、
冷やし味噌か、北極を食べてください。
(冷やし味噌は辛さレベル10のつけ麵タイプの最高にうまいやつ)

中途半端に辛くて、
中途半端にうまいもの

より、

最強に辛いけど、圧倒的にうまいもの

を食べてください。

②一人で食え!

本気で味を知りたかったら、
友達なんかと一緒に行かないことです。


あのレベルの辛さを友達とへらへらしながら食べていては、
味に集中できません。

通い慣れてきたら大丈夫なんですが、
初心者のうちは、
必ずラーメンと一対一の対話をしてください。


己の判断で入店し、
己の判断で激辛ラーメンをたのみ、
周りに「辛い」なんて愚痴を言える環境を捨てた状態で、
己の責任にて、その激辛ラーメン食べきってみてください。

途中、何度も諦めそうになるのをこらえて、
それでも食べ続けてください。

食べ終わったあとのあの感激を、
その場ですべて出し切らず、
家に持ち帰ってください。

そしてそのまま寝てください。

一週間、日常の生活に戻ってみてください。


すべて僕の指示通りに行ってくれた方は必ず思うはずです。


「あれ?なんか足りない。」


そして二回目の蒙古タンメン中本へ足を運んでください。

きっと初めて食べたときより、何十倍も食べやすくなり、
味もめちゃくちゃわかるようになっていて、
この前は気づかなかった、濃厚な味噌ベースの激うまスープに
釘付けになります。



③次の日の予定は空けて食べろ!

やはり激辛系の食べ物は、
体がなれるまでは腹がくだるし、
胃に負担がかかります。。。

引くほど真っ赤な下痢がどろどろと出続けます。
本当に唐辛子まみれです。
くっさい大便ちゃんの中に、うっすら蒙古タンメンのほのかなカホリもします。

そのため、
次の日予定があったり、
仕事がはいってると、
やはりそちらが気がかりになるものです。


蒙古タンメン中本は、やはり集中して
うまみを存分に味わえる環境を整えるのがベストといえるでしょう。


僕はというと、
はまりにはまりすぎて、
13日連続で、昼・夜の2食を食べ続け、
救急車で運ばれました。

ちなみに僕がハマったきっかけはこの記事読んだらお分かりになります!
↓↓         ↓↓            ↓↓

motukori.hatenablog.com

 



僕みたいにバカほど食べ続けるひともそんなにいないでしょうが、
念のため、みなさんの消化器官が弱い前提で、
様子を見ながら食べることをおすすめします。



まとめ


①北極か冷やし味噌を食え!
②一人で食え!
③次の日の予定は空けて食べろ!


上記の3点をしっかり抑えれば、
あなたはしっかり蒙古タンメン中本にはまれます。


皆さんがはまりすぎて、
僕のコメント欄に感謝の気持ちをつづってくれるのを
楽しみにまっております。



最高の蒙古ライフをお楽しみくださいませ。